f0181602_14403443.jpg

オランダ映画。ちょっとお洒落なコメディです110.png


大きなお屋敷に住む大富豪。でも彼は自殺願望を持つ40歳の独身男。
母親をやっと見送り、晴れて(?)実行に移すことになるのだが上手く死ねない。

彼が訪れたのは、”死”を手伝ってくれる奇妙な代理店。
契約を結ぶと絶対変更はできないという厳しい規約がある。
いろんなプランがあるうち彼が選んだのは、普段の生活をしていて突然亡くなるというパターンのもの107.png

ところが、代理店の中の棺選びの部屋で、ある自殺願望の女性に出会ったことから彼の人生が変わっていく。ありがちなストーリーですが、途中であっと驚く展開に146.png


ありえない話のオンパレードなのに、生真面目な主人公や個性的な周りの人間たちに引っ張られてつい見入ってしまいました。

幼いころ父親が亡くなってから喜怒哀楽の感情を表に出せなくなった主人公が、だんだん生きている実感を感じていくところもほのぼのしてしまいました。

182.png182.png





[PR]
# by anan627 | 2017-04-19 20:59 | CINEMA | Comments(0)


f0181602_21542362.png



国際ピアノコンクールに出場するピアニストたちの成長とコンテストの音楽を、豊かな表現でつづった長編小説。

読み始めて驚いたのは、ピアニストたちが奏でる音をありとあらゆる言葉を駆使して情感たっぷりに描いていること!!音楽をこれだけ言葉で埋め尽くした小説は読んだことがありません。作者の音楽への造詣の深さと豊かな感性には驚かされます。

ただ、コンクールは予選、2次審査、3次審査、本戦と4回もあり、そのたびに、ピアニストの演奏がいかに素晴らしいかを語られると、途中からちょっと満腹状態になってしまいました。

登場する才能豊かな若いピアニストたちのコンクール前の様子はとてもリアル。
そしてモチベーションの持ち方、そして勝ちあがって行くたびにピアノに対する自分の気持ちの変化に気付いていくところなど、とても興味深かったです。芸術ってその人の持ってるものや生き方がオリジナリティを生み出すのだな~。人によって音が違うってわかる気がします。そこがまた面白いところ。

クラシックの曲がたくさん出てくるのですが、どんな風に演奏されてるのかどんな音なのか実際に聴いてみたかったです。
読み終えたあと、気になった楽曲をネット動画で聴いてみたりしました109.png169.png

私はピアノジャズが大好きですが、クラシックピアノもいいですね~~。
辻井伸行さんのピアノを生で聴いてみたい。






[PR]
# by anan627 | 2017-04-09 22:12 | BOOK | Comments(0)

ムーンライト

f0181602_20473585.jpg

「ラ・ラ・ランド」をおさえてアカデミー賞作品賞を受賞した作品。
あの前代未聞の授賞式は忘れられません。

予備知識をほとんど入れないでの観賞でした。
受賞した作品ということで、どんなにドラマティックな映画なのかなと期待したのですが、そういう意味では予想は裏切られました。淡々と静かに展開する映画でした。途中ちょっと辛かったけど。。。

貧しい家に生まれ、ドラッグにまみれた母親は育児放棄、学校での激しいいじめ、そしてやがて気付いてしまう同性への恋慕。そんな行き場所のないシャロンをやさしく守ってくれたのはドラッグの売人の男フアンとその妻。このフアンの優しいまなざしはたまりません。(フアン役のマハーシャラ・アリは助演男優賞受賞)


少年時代、高校生時代、そして青年になったシャロンを3人の俳優が演じ分けます。
常に痛みと孤独を抱えた彼のまなざしは俳優が変わっても変わりません。

映画ドラマだと、主人公がどんどん落ちていくとか、あるいはあるきっかけで人生をやり直すとか、そういう展開になりがちですがこの映画では彼の抱えているものはなにも変わらないのです。

とくに三番目の青年を演じた俳優のシャロンには引きつけられました!!すばらしかった。一見成功者で風貌はマッチョ、昔とちがってかなり近寄りがたい男になっているのに、彼の心にはいつも少年時代の自分がいて、そのピュアで繊細なシャロンにはくぎ付けになりました。

終わり方も意外にあっけなかったです。でも、なぜか余韻を残します。あとからじわじわこの映画のことを考えてしまいました。
ただただ孤独なシャロンに寄り添った映画なんですね。

182.png



[PR]
# by anan627 | 2017-04-07 15:09 | CINEMA | Comments(0)

お花見


f0181602_20390532.jpg



昨日、家から自転車で10分くらいの公園でお花見してきました179.png
千葉のお嫁さんの両親、お嫁さんのお姉さん家族、そしてマゴたちと。
この大きな桜の木の下で、みんなでワイワイお昼をいただきました。

Nちゃんも2歳のMちゃんも、
花より団子より公園を走り回ってました104.png

週末は混みあう公園も平日はご覧のとおり。
桜はもうちょっとで満開です179.png


[PR]
# by anan627 | 2017-04-05 15:06 | 最近のこと | Comments(0)

SING(吹き替え)

f0181602_14190459.jpg
6才のNちゃんと観賞。
つぶれかかった劇場の立て直しに、コアラのオーナーが思いついたのは、街中の住人を集めて世界最高の歌のコンテストを開催すること。


動物たちの動き、歌が楽しくて、何度もNちゃんと顔を見合わせて笑ってしまいました110.pngどの歌も本格的です。

私のお気に入りはオーナーの秘書のイグアナのおばあさんとブタさんのカップル。
とくに25匹の子持ちの主婦のブタさんはかっこよかった!!
本当は歌が大好きだけど、日々の子育て主婦業に追われ、自分の夢を叶えるなんて夢のまた夢・・。でも、チャンスが訪れて113.png177.png

オーディションで勝ち残った面々にはそれぞれバックにドラマがあって、それがステージで歌うことで殻を破っていくんです。乗りのいい音楽が本当に楽しい~♪

吹き替えで観ましたが、字幕版の歌も聴いてみたいです♪

182.png


103.png映画を見る前にハプニング!
ポップコーンのバケツ大(塩とキャラメルのハーフ&ハーフ)を買ったのですが、バケツを乗せたトレーを座席にセットしてコートをシートに置こうとしたら、トレーが傾いてポップコーンを思い切りぶちまけてしまいました149.png

Nちゃん、びっくりして思わず床のポップコーンを集める集める。。
「それ、、、食べられないよ・・・」
バケツにはキャラメルコーンが三分の一。塩はちょっぴり。。

食べきれないなと思ってましたが、Nちゃん一人分ちょうどになってしまった105.png
ただ「塩が残ってない。塩のほうが好きなのに」って。

本当に本当にごめんね!122.png



あとでNちゃんはじいちゃんに私がポップコーンをばらまいたことを教えたそう。
キャラメルは100個のうち残ったのは40個、塩は100個のうち20個しか残ってなかったって。
おお、ちゃんと3分の一くらいの計算になってる!と感心してしまいました105.png

[PR]
# by anan627 | 2017-04-04 10:19 | CINEMA | Comments(0)